トップページ

Avogadro Challenge Viewer bookmark

3次元粒子系シミュレーションの可視化に特化したアプリケーションです。
手元のPCで、数百万~数千万粒子をそこそこ速く可視化したい時に便利です。

一部データフォーマットや、マウス操作キーボード操作については、小石様の作成された、粒子表示プログラムcdview ver 1.09との互換性を考慮してます。

acv_sample_fcc.jpg

更新情報 bookmark

  • 2012/2/17更新 ver1.6
    • 環境設定ファイルを読み込んだ際の、読み込みファイル番号が一番若いファイルが読み込めないバグを修正
  • 2012/2/7更新 ver1.5.5 -> ver1.6
    • デモの表示の時に、色の調整ができていなかった問題を解消
    • 動画作成にFFMPEGを利用して圧縮する機能を追加。Makefileでコンパイル時に切り替えを指定。
    • ベクトル場表示の切り替えを、vオプションを付けた時に有効となるように変更
  • 12/27更新 ver1.5.4 -> ver 1.5.5
    • 粒子のデフォルトの色を変更。環境設定ファイルにあるTYPE_MAX変数で、色相の変化率が変化する
    • キーボードによる回転や移動、拡大縮小を可能にした。
    • SHIFT+左クリック&ドラッグで平行移動出来るようにした。
  • 12/13更新 ver1.5.3 -> ver 1.5.4
  • 12/6更新 ver 1.5.2 -> ver 1.5.3
    • ファイル読み込みのバグ修正
    • SHADERモードで遅くなる原因を修正
    • 粒子の表示・非表示切り替えが出来なかった問題を修正